能力診断

自分の長所を発見しましょう。
診断にかかる時間は、約65分です。
結果はその場で確認することができます。

※お名前欄には大学名もご記入ください。
なお、ご記入いただきました個人情報は、弊社で大切に保管し、第三者に開示することはございません。

自己分析のための能力判断テスト

お名前:

診断

言い訳するのは好きではない

テレビや映画を見て、出演者に共感して泣くことがある

何でも早め早めに行う方だ

これがヒットする、と思ったものがヒットすることがよくある

前例のないことに取り組んで成功させたことがある

指示されたことに対して中間報告、結果報告がきちんとできる

人よりも先にコツをつかむことができる

計画したとおりに実行できる方だ

常に周りの人に注意をはらい観察している

一人よりみんなで協力しながら目標を達成する方が好き

思ったことは即実行する方だ

自分の言動には責任を持っている

所属する組織の秩序を維持するために規則は守るべきだ

嫌なことをされても根に持つことはない

日常生活や冠婚葬祭などの礼儀作法を理解し実践できている

相手の悪意を感じさせる言動を許すことができる

全体の中の自分の立場や位置づけが分かる

気持ちのいい挨拶を心がけている

話すことで相手が納得し、相手の協力や理解を得ることができる

喜怒哀楽など相手の感情が分かる

昔あったことを覚えているので人から驚かれることがある

自分の決断が結果的に正しかったことが多い

目標を効率的に達成する計画を立てることができる

飲みこみが速いとほめられたことがある

少しの労力で大きな成果を得られるように考え行動する

物事のポイント(何が重要か)をつかむのが速い

リベンジで目標を達成したことがある

意見が異なる仲間を一つにまとめることができる

適切なタイミングで相手に連絡することができる

時間が無駄にならないようなスケジュールを立てている

物事に優先順位をつけ、無駄を排除する姿勢がある

リーダーとしてチームの目標を達成することができる

自分で考えて自分の責任で行動できる

懐が深いね、とか、鷹揚だねと言われる

幅広くいろんな分野に興味がある

夢や日標を明確化(定量化)して取り組む

約束の時間に遅れたり、遅刻したりすることはほとんどない

物事の原理原則を分析・解析することが得意だ

相手の反論や批判を素直に受け止めることができる

質問から相手の心情を引き出すことができる

ほしいと思うものは手に入れるまであきらめない

全体の流れを把握して計画を立てられる

人の意欲をかき立て、ヤル気にさせることができる

成功のイメージを描きながら努力している

今日できることを明日に伸ばさない

時間厳守で行動している

他の人から知恵を吸収して自分のものにすることが得意だ

トラブルを解決することが得意だ

自分や相手が知りたい答えを導くために適切な質問ができる

疑問に思ったことはその場で解決する

すぐに成果が出なくても辛抱強く取り組むことができる

のんびりと作業するのは性に合わない

新しい情報に敏感だ

漏れやミスがないかを必ず確認する

必要な場面では、プライドを捨てる勇気を持っている

人から「あなたはエネルギッシュだね」と言われる

引き際をわきまえて撤退する

好奇心旺盛だと自分でも思う

目的の情報収集のための適切な方法が分かる

人から相談されることが多い

相手の長所を積極的に引き出すよう心がけている

今が楽しくても、明日のことを考え早めに切り上げる

人に教えたり、人を育てたりすることに自信がある

一度任せたものは、途中で口を挟まず見守ることができる

言葉の中から相手の本音や望んでいることを探ることができる

つらくても途中で投げ出さず最後までやり遂げる

同じ仕事を人より速くできる方だ

どのグループに入ってもうまくやっていける

上手に相談して上司の知恵を借りることができる

トラブルが起きたとき、あらゆる方法を試行して検証できる

困っている人を見ると助けてあげたくなる

困難なことにも積極的に立ち向かう

良いと思うことはすぐに真似してやってみる

誰かをサポートしたり支援したりすることに喜びを感じる

相手が自分のことを好きか嫌いかが分かる

自分が言いたいことを相手が理解できるように工夫して伝える

気がついたら原因と結果の関係を探っている

この人はあの人のことが好き、という人間感情が分かる

何もないところから何かを創り上げることが得意だ

あまり勝負(ギャンブル)はしない方だ

自分の役割を理解し、場にふさわしい自分を演じられる

相手が次にどんな行動を起こすのか想像できる

不測の事態でも落ち着いて迅速に対応ができる

仲間と協力して行動できる

相手の意見を聞いてから自分の意見をいう

ほとんど計画通りに物事を成し遂げられる

同じことを伝えるときも、相手に合わせて話し方を変えている

虚勢を張らず、素直に自分を表現できる

あまり勉強しなくても成績は良い方だ

相手を信頼して物事を任せることができる

記憶力がいい方だ

物事に関わるとき、常に当事者意識を持っている

次へのヒントを得るために失敗を積極的に振り返ることができる

さまざまな情報を手に入れられる幅広い人脈を持っている

自分にないものを持っている人を尊敬し学ぼうとする

対話の中で相手との信頼関係を築くことができる

心の底から「ほしい」と思うこと(モノ)がある

同じ作業をもくもくと続けても苦にならない

勉強と遊びのメリハリがつけられる

自分の意見をはっきり述べることができる

自分の考え方や行動を客観的に分析することができる

誰も見ていなくても努力できる

プロジェクトの中では自分にできることは何かを自ら考え実行する

失敗から原因を探り出すことが得意だ

規則やルールは真面目にきちんと守る方だ

物事を特徴別に分けて項目づけすることができる

あまり自分を誇張したりせず、ありのままでいられる

やるべきことをリストアップし優先順位をつけて行動している

常識や古い習慣にとらわれず新しいものを積極的に取り入れる

短期間に集中して何かを成し遂げた経験がある

たくさんの情報を分類・整理できる

多数の人を統率する能力があると思う

失敗の悔しさをバネに、再チャレンジできる

自分に対する人の意見を素直に受け入れることができる

決断が速いと言われる

人からよく相談を受けるし、よく相談にのってあげる

目的に合わせて場(場所やモノや話し方など)を演出できる

自分から進んで行動を起こす方だ

人の協力を取りつけることがうまい

「求めよ、さらば与えられん」の精神で行動している

自分が伝えたいことを簡潔にまとめて話すことができる

予測したことが当たることが多い

友人がいつもと違うとすぐに分かる

ビジネスマナーを理解し、正しく実践している

友人と、喜怒哀楽の感情を共有できる

嫌なことがあってもすぐに立ち直ることができる

相手の気持ちが分かるだけでなく同じ気持ちになれる

フットワークの軽さが自慢だ

自分と相手の両方のメリットを考えながら交渉できる

何事も常に仮説を立てて検証してみる

自分の意思で物事を判断できる

自分の手がけた仕事は責任転嫁せず自分の責任で対処する

自分が何かを始めると多くの人が協力してくれる

相手がなぜ怒っているのか(うれしいのか)理由が分かる

不要と感じた出来事やモノを積極的に忘れ捨てていく

さまざまな角度から問題の解決策を考え実行できる

雑音の中でも集中して仕事ができる

見通しが不確実でも行動に移せる

グループ内の意見調整が上手

何度失敗しても達成するまでチャレンジする

面白いことや新しいことには目がない

素早く的確な処置で時間通りに仕事を終わらせることができる

必要な場面では、包み隠さず自分を見せることができる

相手の立場に立って話を聞くことができる

所属する組織の問題を、自分の問題として捉えることができる

物事に集中できる

リーダーに選ばれ先頭に立って行動することが多い

物事を全体的に捉え、進行状況や問題点を把握できる

急激な環境の変化にも落ち着いて対応できる

素早く的確な処置で仕事ができる

環境や状況に合わせて自分を変えられる

物事の流れの全体を把握し、今どの時点にいるのか認識できる

有言実行タイプだ

目標を立てたら、実現するまであきらめないで行動する

多くの人のバラバラな意見を整理してまとめることができる

相手によって教え方を工夫できる

TPOに合わせて服装や言葉づかいを変えられる

データをあらゆる角度から分析して傾向や特徴を発見できる

積み上げたものや成功体験にあまり固執しない

決定をまかされることが多い

質問を繰り返すことで相手の考えがまとまることがある

なんでも事前に頭の中でシミュレーションしておく

結果に疑問を持ち、「もしかしたら」と考えることが多い

新しいアイデアを発想して問題を解決したことがある

考えるよりも先に行動する

後輩の成長のために、責任は自分で取るつもりで任せられる

行き詰ったら考え方を変えて発想できる

大きなビジョンを持って物事に取り組む

以下の文章を読み1~3の問いに答えなさい。

 世の中は恐ろしいもので、だんだんと道徳が崩れてくるとそれを評価する眼が違ってきます。昔はお辞儀の仕方が気に入らぬと刀の束へ手をかけた事もありましたろうが、今ではたとい( ア )間柄でも手数のかかるような挨拶はやらないようであります。それで自他共に不愉快を感ぜずにすむところが私のいわゆる評価率の変化という意味になります。御辞儀などはほんの一例ですが、すべて倫理的意義を含む個人の行為が幾分か従前よりは自由になったため、窮屈の度が取れたため、すなわち昔のように強いて行い、無理にもなすという瘠我慢も圧迫も微弱になったため、一言にして云えば徳義上の評価がいつとなく推移したため、自分の弱点と認めるようなことを恐れもなく人に話すのみか、その弱点を行為の上に露出して我も怪しまず、人も咎めぬと云う世の中になったのであります。(中略)
 私の所へ時々若い人などが初めて訪問に来て、後から手紙などにその時の感想をありのままに書いて送ってくれる場合などでさえ思いもよらぬ告白をする事があるから面白いです。と云って大した弱点を見てくれと云わんばかりに書く訳でもないが、とにかくこっちから頼みはしないので、先方から勝手に寄こすくらいの酔興的な閑文字すなわち一種の意味における芸術品なのだから、もし我々の若い時分の気持で書くとすれば、天下の英雄君と我とのみとまで豪がらないにせよ、習俗的に高雅な観念を会釈なく文字の上に羅列して快よい一種の刺戟を自己の倫理性が受けるように詩趣を発揮するのが通例であるが、今例に引こうとする手紙などにはそんな面影はまるでない。まず門を入ったら胸騒ぎがしたとか、格子を開ける時にベルが鳴ってますます驚いたとか、頼むと案内を乞うておきながら取次に出て来た下女が不在だと言ってくれればよかったと沓脱(くつぬぎ)の前で感じたとか、それが御宅ですという一言で急に帰りたい心持に変化したとか、ところへこちらへ上れとまた取次に出て来られてますます恐縮したとか、すべてそういう弱い神経作用がいささかの飾り気もなく出ている。徳義的批判を含んだ言葉で云えば臆病とか度胸がないとか云うべき弱点を自由に白状している。たかが夏目漱石の所へ来るのにこうビクビクする必要はあるまいとお思いかも知れませんが( イ )。しかし私はこれが今の青年だからあるのだと信じます。旧幕時代の文学のどこをどう尋ねてもこんな意味の訪問感想録はけっして見当るまいと信じます。
出典:『文芸と道徳』夏目漱石

(1)文章中の(ア)に入る語句として、正しいものはどれか。





(2)下線部「評価率の変化」を、正しく説明しているのはどれか。





(3)文章中の(イ)に入る語句として、正しいものはどれか。





「Aでないものは、すべてBである」という命題が真であるとき、確実に言えるものはどれでしょうか。





山田さん、木下さん、武田さん、河野さんの4人の年齢について、山田さんは河野さんより上であり、木下さんは山田さんより上であり、武田さんは山田さんより下であり、河野さんは武田さんより上でした。4人を年齢の高い順に並べるとどうなるでしょう。





3人でジャンケンをしたら、1回目は勝負がつきませんでした。このとき3人が出したグー、チョキ、パーの組み合わせは何種類あるかを求めるのに次の式で考え方があっているものを全て選んでください。
ア 1+1+6
イ 3+6
ウ 3×2+3
エ 3×3-1
オ 6+1





父親は35歳で息子は11歳です。父親の年齢が息子の年齢の5倍だったのは、何年まえでしょうか。





A君が自転車に乗って時速15kmでデパートに出かけました。お兄さんのB君がその12分後に、時速24 kmのバイクで追いかけ、デパートまで500mのところでA君に追いつきました。家からデパートまでは何kmでしょう。





9時26分のとき、時計の長針と短針が作る角度(小さい方の角度)を求めなさい。





あてはまるものと思われるものにチェックを入れてください(複数可)。